ディスクロージャーポリシー

基本方針

株式会社アミファ(以下、「当社」という。)は、株主・投資家の皆様をはじめとするステークホルダーの方々に、当社に関する経営戦略や財務状況等の情報(以下、「経営関連情報」という。)を、コーポレートガバナンス・コードの原則に従い、公平・適切に開示してまいります。
開示にあたっては、情報管理責任者である管理部長のもとに情報を集約し、金融商品取引法等の諸法令及び東京証券取引所の「有価証券上場規程」に定める会社情報の適時開示に関する規定(以下、「適時開示規則」という。)にもとづき開示の判定を行います。また、金融商品取引法に定められた「フェア・ディスクロージャー・ルール」を遵守し、迅速かつ公平な情報開示の実現に努めます。

情報開示の基準

当社は、金融商品取引法等の諸法令及び適時開示規則に従い、「透明性」、「公平性」、「継続性」、「適時性」を基本とした迅速な情報開示を行います。
また、諸法令、適時開示規則に該当しない情報についても、当社を理解いただくうえで有用と判断される情報については可能な範囲で積極的な開示に努めます。

情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報は、東京証券取引所が運営する「適時開示情報伝達システム(TDnet)」を通じて開示を行います。その後速やかに当該情報を当社ホームページに掲載します。
規則等に該当しない情報についても、市場参加者の投資判断上重要あるいは有益と判断した情報については、当社ホームページへの掲載等により速やかに開示を行います。

株主・投資家との対話

当社は、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を実現するために、株主や投資家との間の建設的な対話を通じて、当社の経営戦略や経営計画の理解を得るとともに、それらの意見を必要に応じて取締役会等に報告することにより、株主を含む様々なステークホルダーのバランスに留意した適切な対応に努めてまいります。

第三者への情報開示と第三者による業績予想

当社は「フェア・ディスクロージャー・ルール」に則り、一部の第三者のみに対し未公表の経営関連情報の伝達は行いません。万が一、当社の未公表の経営関連情報が一部の第三者のみに伝達された場合は、当社ホームページ等を通じて速やかに同一の情報を一般に開示します。
また、当社では証券アナリストの意見・業績予想等に干渉せず、コメントは行いません。ただし、当該内容に著しい事実誤認や間違いのある場合には、その旨指摘することがあります。

風説の流布に対する対応

当社は風説の流布に関する問い合わせにはコメントいたしません。ただし、東京証券取引所の規則により当該風説等に関する照会を受けた場合や、当該風説等を放置した場合に当社に重大な影響があると判断される場合は、速やかにその原因を特定し必要に応じて適切に対処いたします。

沈黙期間の設定

当社では、決算情報の漏洩を防ぎ公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表日までの一定期間を沈黙期間とし、この期間は業績に関するコメントや質問に対する回答を差し控えさせていただきます。ただし、沈黙期間であっても、発生した事象が適時開示に該当する場合には、適時開示規則に従い公表するとともに、すでに公開された事実、周知の事実となった情報及び沈黙期間中にTDnetを通じ開示した情報に関する質問には対応いたします。

将来見通しについて

開示情報のうち、将来見通しや業績予想については、開示時点で入手可能な情報に基づき判断したものであり、リスクや不確実性を含んでいます。実際の成果や業績は、さまざまな要因によって大きく異なる可能性があることをご承知おきください。