キーワードで知るアミファ

嗜好品に特化した「ライフスタイル雑貨メーカー」

アートを日常で楽しむ暮らしのご提案!
雑貨で皆さまのライフスタイルを
彩ります!

アミファでは、「え?こんなにおしゃれでかわいいモノが均一価格で?」と驚いていただくことを目標に、ラッピング製品、文具、キッチン・インテリアなどのライフスタイル雑貨をすべてオリジナル企画で製造卸をしています。「アートやデザイン、D.I.Y.を日常で気軽に楽しむ」というミッションに沿った製品を揃えています。

  • イベント・レジャーを盛り上げる季節商品
  • ハンドメイド(D.I.Y.)を楽しめる商品

何気ない暮らしの中に、ちょっとした愉しみ、潤い、癒し、感動を感じるその瞬間の傍に、気がつけばアミファがある。私たちアミファは、そんなライフスタイルを彩ることができる雑貨メーカーであり続けます。

弊社が提供するのは「ワクワク感、幸せな時間」

私たちの製品を使う時に感じる
「ワクワク感」、
思わず笑顔になる「幸せな時間」を
提供します!

内閣府の「国民生活に関する世論調査」によると、日本では、消費動向の変化が起きており、「物質的な豊かさより、「心の豊かさ」を求めるようになってきているそうです。

私たちアミファの販売している商品には、生活必需品はありません。無くては生きていけないものではないのに買っていただける。それは生活必需品ではなく、「心の必需品」だからだと考えています。
心暖まり、思わず笑顔になる、心の琴線に触れる製品、日々の暮らしに彩りを加える製品、アートを感じる製品をご提供し、「ワクワク感、幸せな時間」を創造し続ける。
それが、私たちアミファの使命であり、「We are smile producers!」に込められた気持ちです。

女性が消費者目線で生み出す「おしゃれさ・かわいさ」

女性中心の30名近くのデザイナーが、
独自の世界観で企画・デザインを行い、
おしゃれさ・かわいさを追求した
商品をお届けしています!

私たちアミファの強みはなんと言っても、商品の企画力とデザイン力に尽きます。商品開発部署に女性を中心とした30名近くのデザイナーが企画に携わっており、また、商品それぞれの素材、形、色、柄、仕様に至るまで自分たちで企画し、国内外ネットワークを通じた100名以上のフリーランスイラストレーターと直接コミュニケーションを取って、企画の意図を正確に伝えながら共同作業で商品をデザインしています。

  • 独自の世界観を大切にした商品企画
  • 女性に喜ばれるおしゃれでかわいいデザイン

これにより、アミファのテーマである「楽しい暮らしを提案する」を体現する商品を生み出し続けることができ、また、非常に速い改廃サイクルのスピードを生み出し、年間800アイテム以上のおしゃれさ・かわいさを追求した新商品をタイミング良くお手元にお届けすることができます。

工場を持たない「ファブレスメーカー」

消費者の皆さまの嗜好の変化へ
すぐに対応できるよう
持たざる経営を実践し、
柔軟性を持ったまま、
コストを抑えています!

製造にあたっては、アミファは自社工場設備を持たずに、国内外の工場へ委託生産を行ういわゆるファブレスメーカーです。海外生産を主力としており、委託先の85%程度は中国にあります。
弊社がファブレスメーカーを選択している理由は、顧客本位、マーケットインの発想で最終消費者の嗜好の変化へ柔軟に対応したいと考えているからです。機械設備や材料在庫などの制約に左右されがちなプロダクトアウトの発想ではなく、自社設備を持たずに常に新しい委託工場を開拓していくことが、新カテゴリーへの進出を容易にするという認識のもと、「持たざる経営」を選択しているからです。

これにより、2017年9月期売上総利益率 42.9%を達成し、皆さまに安価で高品質な商品をお届けすることを可能としています。

手軽に買える商品を「100円ショップへ年間9500万個販売」

アミファの主力商品は、
100円ショップ向けのワンプライス商品!
季節型商品と通年型商品を
年間で9500万個*お届けしています!

アミファの主力商品は、ギフトラッピング商品、デザイン文具、キッチン・テーブルウエアなどで、最終的に消費者の皆さまに向け、均一価格ショップで販売される商品群です。これらは、100円ショップを中心として、国内外の小売業者、卸売業者を通じて皆さまのお手元へ届きます。その中には、「amifa」ブランドにて販売される商品と、販売先店名にて提供している商品があります。
*2019年10月1日~2020年9月30日の年間出荷数

  • 楽しい季節型商品
  • おしゃれなラッピング用雑貨

主な商品例としては、ギフトラッピングには、お菓子など消費者が手作りする食品をラッピングする紙やフィルム製の袋、ボックス、リボンなどがあります。また、手軽にギフトを包むことができる包装紙や手提げ袋、メッセージを添えてプレゼントするシーンを演出するギフトカードやタグなどがあります。

  • 商品は全国的な100円ショップでご購入いただけます。
  • 是非amifaのロゴマークを探してみてください。

これらのワンプライス商品を販売している100円ショップは、今や私たちの生活には欠かせないものとなり、価格の安心感と購入意欲を喚起することで、小売業態の市場規模は大手四社の合計で約7千億円あり、市民権を得ています。私たちアミファは、その100円ショップへ年間約7000万個の商品を販売しております。

最先端の流行発信地「青山オフィスとショールーム」

良いものを作り出すには、
良いオフィス環境が大切!
皆さまへお届けする商品も
常にショールームで商談!

東京青山にあるアミファの本社オフィスは、働きやすさとおしゃれにこだわって設計されています。私たちが「Smile producers」になるためには、社員が「Smile working」することが大切、という理念を持っています。整理整頓されたおしゃれな空間で笑顔で働ける環境が、お客様を笑顔にする商品作りの基本です。

  • 青山の本社オフィスはとてもおしゃれ
  • ユニークでウッディーなオフィス環境

また、青山本社に併設されているショールームでは、商品の魅力をより感じていただけるよう、様々な商品を取り揃え、撮影スペースで撮影した写真をSNSなどでアップしております。

  • 商品を美しく飾りつけしています
  • SNSに上がっている商品写真例
  • 公式Facebook はこちら
  • 公式Twitter はこちら
  • 公式instagramはこちら

笑顔を世界中に広げるために「CSRは“継続”がなにより大事」

身近なことからできる社会貢献を目指し、
継続的なCSR活動を行っています。

私たちは、お客様の購入行動を社会貢献に結び付ける活動をしています。
例えば、エクアドル産プリザーブドフラワーの売上の一部を、エクアドルで児童就学支援しているNPO「エクアドルの子どものための友の会(SANE)」へ2007年より毎月寄付を行い、2019年に累計寄付額が270万円を突破いたしました。

  • SANEの奨学金プログラムは、経済的な困難を抱える子どもたちが基礎教育を受けられるよう支援しています。
  • 2019年の活動報告会では、アミファの長年の支援に対して感謝状をいただきました。

オンラインショップにいただいたレビュー数に比例した金額を、開発途上国の子どもにワクチン接種を推進する「世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)」へ2009年より毎月寄付を行い、2019年10月時点でおよそ34,932人分のワクチンに換算できる額に到達しました。

  • 予防可能な感染症で命を落とす子どもたちを救えるワクチン。1人分は約7円です。
  • 接種会場に並ぶラオスの子ども達。

国内では、日本財団、国境なき医師団、日本ユニセフ協会と言った団体への支援として、会社経営で得た利益から寄付を年1回行っています。

できることは微々たるものでも、地道に続けていくことで結果を残せる規模にまで育てることができると、これまでの活動を通して私たちも強く感じております。

これからもアミファは、身近なことからできる社会貢献を目指し、継続的なCSR活動を行ってまいります。

新しい可能性を応援「CSRを通じたアスリート支援」

女子サッカーチーム
「スフィーダ世田谷FC」
を応援する
「スフィーダ12メンバーズ」
に加入しました。

2021年3月から、私たちは新しいCSR活動を始めました。それは、新しいステージへ果敢にチャレンジするアスリートたちの応援です。

アミファがオフィシャルファンクラブに加入した「スフィーダ世田谷FC」は、なでしこリーグで活躍する女子サッカークラブ。
東京都世田谷区をホームタウンとして活動し、トップチーム、普及と育成を目的とするアカデミーを含め約170名が所属する日本最大規模を誇ります。
2020年度になでしこ2部リーグ優勝を果たし、2021年度シーズンから1部リーグ所属となりました。

「スフィーダ」というクラブ名の由来は、イタリア語で挑戦を意味する言葉。
『今の自分』に満足をすることなく、更なる高みに挑み続けることを目標に掲げる姿に強く共鳴したことが、支援のきっかけになりました。

アスリートたちの活躍の場が広がり、より多くの方へ応援の輪がつながるよう期待を込めて、私たちアミファは支援を続けてまいります。